アダルトチルドレン*電話・オンラインカウンセリングのご案内*

いつでも、どこでも

気が向いたときに

気軽に受けられる

オンライン・カウンセリングです。

 

「サロンは遠い!」

「仕事が不規則で、予約時間が決められない!」

「外出したくない」

「気軽に話したい」など

 

対面カウンセリングを利用できない方に

ぜひ、オススメのカウンセリングです。

 

いつでもどこからでも

カウンセリングを受けることができます。

 

【利用できる環境】

パソコン・スマホ・iPadなど

インターネット環境なら、いずれもOK!!

 

【利用方法】

ご予約いただいた日時の前日に

予約確認のメールが、あなた宛に届きます。

そのメールの中に記載されたURLをクリックすれば準備完了です。

あとは、開始時間をお待ちください。

 

【利用環境】

「ZOOM」というオンラインシステムを利用します。

システム利用料は、無料です。

 

【ご利用受け付け時間】

10:00~21:00まで(営業終了22時)

ご予約日程は、お問い合わせください。

※お届けには一週間ほどお時間をいただく場合がございます。

 

 

予約カレンダーが満席の場合でも、

オンラインカウンセリングは、

ご予約対応いたします。

お気軽にご相談ください。

 

 

【限定3名*12月11日(日)】福島県アダルトチルドレン出張特別カウンセリング

12月の出張カウンセリングのご案内です。

【福島県】アダルトチルドレン・出張特別カウンセリング    

1DAY集中カウンセリング

このカウンセリングは、

◯ アダルトチルドレンから抜け出したい方

◯ 無理せず楽に生きられるようになりたい方

◯ 生きづらさを解消したい方

◯ 家族関係の悩みで疲れ切っている方

◯ 自分が好きになれない、自信が持てない方

◯ 常に気持ちがモヤモヤしていて苦しい方

このような方を対象にしています。

 

2時間半、150分間、時間が許す限り

これまで、あなたが心の底に抱えて

一人で悩み、傷つき、苦しんできたツラさを

ひとつずつ、ゆっくりと丁寧に解いていきます。

 

通常のカウンセリングでは得られない満足感や安堵感

幸福感ややすらぎ、自分への温かい優しさが

静かに降り注ぐ感覚を体験することができる1日になります。

 

◯ なかなか都内のカウンセリングサロンに通うのが難しい。

◯ 一度のカウンセリングで手応えや確実な成果が欲しい。

そのような方が、当サロンの認知行動療法カウンセリングによって

キラキラ 人生の希望が見つかります

キラキラ 楽に生きられるようになります

キラキラ 新しい自分と出会えます

過去の体験者様のご感想は、コチラをご参考に。

ベル福島県限定【アダルトチルドレン特別カウンセリングのご案内】ベル

リボン 日時:2016年12月11日(日)

①11:00~13:30(2時間半) 1名

②14:00~15:30(2時間半) 1名

③16:00~18:30(2時間半) 1名

リボン 料金:25,000円(税込み)

※先着順 定員になり次第、受付終了

 

【カウンセリング内容】

アダルトチルドレンの方のお悩みに特化した

認知行動療法カウンセリング1ヶ月分を1日で受けられるコースです。

より早く効果を得たい方のために、特別カウンセリングを行います。

 

【このコースの特徴】

・あなたの悩みの原因「根拠」を認知行動療法で明確にします。

・あなたの悩み苦しむ心の負のループが断ち切れます。

・あなたの「性格」に対する見方が変わります。

・あなたの本当の価値がわかります。

・あなたらしさを見つけることができます。

・4ヶ月全16回の認知行動療法を短縮して受けられます。

 

このコースは、開催日限定の特別カウンセリングです。
:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-
場所    福島県JR東北本線白河駅周辺のカフェ

※詳細は、ご予約の方のみにお知らせします。
【福島県】アダルトチルドレン・出張特別カウンセリング 参加費 (25,000円)

2.5時間(150分)25,000円(税込み)

 

 

今年の心の大掃除。

この機会に、新しく生まれ変わったあなたで幸せな新年を迎えてみませんか^^?

 

アダルトチルドレンのお話し会「新月の会」 9月の開催予定のお知らせ

アダルトチルドレンのお話し会「新月の会」

9月の開催予定のお知らせです。

お話し会・交流会・お茶会「新月の会」
新月の会は、毎月 「新月の日」にちなんで開催している、
アダルトチルドレンでお悩みの方のための雑談会です。
毎回、事前予約で、どなたでも自由にご参加いただけます。

IMG_1500

【開催内容】

・日時:2016年9月2日(金)

・場所:柏の葉サロン(地図・アクセス)

・時間:午後1:00~3:00 (2時間)

・参加費:3,240円(税込み)

・持ち物:筆記用具

・お話し会の内容:自由参加型のお話し会

・お茶とお菓子が出ます(ハーブティーとクッキーなど)

・定員6名まで(女性限定)

 

柏の葉サロン

d3f50292-d745-11e2-a9e8-3cd92beca638-s

場所:住まいるパーク柏の葉 センターホール

住所:千葉県柏市新十余二15-2 (柏の葉住宅展示場 イベントホール内)
※住宅展示場の敷地内のイベントや会議に使われる建物です。
平日の金曜日なので、他のお客様の出入りはありません。
(プライバシーが守られますので安心です)

無料駐車場あり 

つくばエクスプレス線「柏の葉キャンパス駅」より、お車5分。
・お話し会終了後、ご希望の方は個別カウンセリングを受け付けます。

(個別カウンセリングは別料金となります)

IMG_0144

アダルトチルドレンの悩みというのは

なかなか当事者同士でないと理解し合えないことも多いですね。

このお話し会に参加された方のご感想です。

ハート参加者様のご感想ハート

当日まで、どんな人が集まるのか心配でしたが
行ってみて良かったと思いました。
こんな話しをしても大丈夫かな?と不安だったことも
「私も、同じようなことがあった」と
他の参加者さんから言ってもらえたときは
わかってくれる人がいるんだなって
ちょっと泣きそうになりました。
もっと重苦しい感じの会なのかと思っていたのですが
(スミマセン)
けっこう笑えたし、行ってみて良かったと思いました。

続けて受けた加納さんのカウンセリングが
とてもわかっていただけて
「どうして、こんなに私の気持ちがわかるんだろう」と
ビックリしました。

駐車場が広くて、楽に往復できたのも良かったです。

また、機会があれば参加してみたいと思います。
ありがとうございました。

柏市 Y.Wさま 30代 女性

 

最近、友人に会うのが気が重くて家から出ることが減り

誰かと話したくて参加してみました。最後まで、何も話せなかったのですが
加納さんがフォローしてくれたおかげで
初対面の人達ばかりだったのに
不思議と以前からの知り合いみたいな気がして
楽に参加していることができました。

ハーブティーが、とても美味しかったです。
リラックス系のハーブティーって、落ち着けるんだなと思いました。

お土産にいただいたハーブティーを
家に帰ってから飲むのが楽しみです。

なんだか、とてもいい時間を過ごせた気がします。

少し気持ちが軽くなりました。

ありがとうございました。

つくば市 T.Rさま 40代 女性

 

この会は、毎回 初めての参加の方が多いのが特徴です。

9月の「新月の会」で、夏の疲れや夏の間にたまってしまった

心の澱を、皆さんとお話ししながら浄化してみませんか?

あなたのお越しをお待ちしています^^

参加のお申し込みは、こちらから。

これからの開催予定は、こちらから。

 

夏休み・アダルトチルドレンの子供との接し方

夏休みに入ってから、お母さんである あなたにとって

毎日の「アダルトチルドレンの子供との接し方」について、

どうしたら良いのかわからない

どう声をかけたら良いのか わからない

と、困り果てている方もあるのではないでしょうか。

 

今日は、とても簡単にできる

日頃のあなたのお子さんへの接し方の確認方法について、お話ししてみます。

夏休み中に、次のことを試してみてください。

* 試してみましょう *

お子さんと会話をしている時に、
「うん」 「へえ」 「そうなんだ」などの
単純な相づち以外の言葉を一切言わずに、
何分くらい会話が続けられるかを計ってみてください。

 

やることは、これだけです。

「え?たったこれだけ( ´・д・)?」と 感じる方が多いと思います。

はい。たったこれだけです。

 

実際にやってみると、おそらく ほとんどの方は1分もたないと思います。

お子さんが話している途中で、簡単な相づち以外の言葉を

ほとんど無意識のうちに発しているハズです。

例えば、

子供「Sちゃんに買い物に誘われたんだけど」

と、お子さんが話しかけてきたとしましょう。

あなたは、なんと返事をしますか?

 

あなた「いつ?」 「どこへ行くの?」 「何を買いに行くの?」

あなたは、もしかしたら このような感じの返事をしていませんか?

お母さんとの関係に負担を感じていないお子さんなら

このまま会話が続きますが、アダルトチルドレンのお子さんの場合は

これらの返事だと、ストレスを感じてしまう場合があります。

 

それは、

「いつ?」 「どこへ行くの?」 「何を買いに行くの?」という言葉は

お子さんがこれからしようとしている行動への拒否や規制を連想させるからです。

 

お母さんの「ダメ!」という気持ちを感じてしまうので

最初から、Sちゃんと買い物に行くということは言わずに黙って出かけたり

どうせ お母さんからダメと言われるに違いないと勝手に先回りして考えて

Sちゃんの誘いを断ってしまい、それをストレスに感じて

「お母さんのせいだ!」と心の中で被害者意識を持ってしまいます。

 

あなたは、まだ「ダメ!」だなんて、ひと言もいっていないのに、です。

 

では、あなたとお子さんの間には、

どうして このようなパターンが出来上がってしまったのでしょうか?

 

それは、先ほどの

お子さんの話しを、どのくらい あなたの言葉で遮らずに聞き続けることができるか

に、原因があります。

 

あなたは、お子さんとの会話の中で

お子さんが、まだ自分の気持ちや考えを充分に話し切っていないうちに

先に、自分の気持ちや考えを言ってしまうクセがあります。

 

「いつ?」「どこへ?」「何を買いに?」などの質問は、

あなたは、お子さんのことを心配している質問だと思っているようで

実は、すべて自分の安心や満足のための質問になっているのです。

 

「いつ?」←あなたの予定に修正を入れなければならないかもしれない

「どこへ?」←遠い・教育上良くないような場所だと心配だ

「何を買いに?」←本当に必要なものか?どのくらいの金額のものなのか?

 

これらの質問は

あなたの気持ちを満足させる、安心させるための質問ですね?

 

それを、お子さんが自分から言う前に話を遮って質問することで

「これから、あなたの希望や考えを否定しますよ!」というメッセージとして

お子さんに伝わっている可能性が非常に高いのです。

 

では、どうしたら良いのでしょうか?

今の例で考えてみましょう。

 

供「Sちゃんに買い物に誘われたんだけど」

あなた「へえ」

 

子供「Sちゃんに買い物に誘われたんだけど」

あなた「うん」

 

子供「Sちゃんに買い物に誘われたんだけど」

あなた「そうなんだ」

 

いかがですか?

この会話の流れだと、お子さんは無理なく自分の話を続けられると思いませんか?

お子さんとあなたの立場を反対にして考えてみても良いですね。

あなたのお子さんとの会話の良くないクセは

せっかく話しかけてきたお子さんの話を

あなたの、その瞬間の感情や気持ちで遮ってしまい

最後までお子さんに話をさせてあげていないことなのです。

その結果、お子さんは「どうせ お母さんに話しても理解してもらえない」

「どうせ、お母さんは私の気持ちなんてわかってくれない」

「どうせ、お母さんは私のことなんて、わかろうとしてくれない」と

お母さんに対して、心の距離を感じてしまうのです。

 

この夏休み中に、あなたがお子さんに対して心がけることは

ただ、ひとつ。

「お子さんの話を、最後まで遮らずに聞き続けること」

これだけです。

 

「会話の途中で、お子さんへの否定的な言葉や評価的な発言はしないこと」

 

「そんなことをして、あとで取り返しの付かないことになったら、どうするんですか(-“”-;)!!」

そう思っているのは、あなただけもしれません。

 

お子さんは、自分を信頼してくれている人のことは裏切りません。

もっと、あなたのお子さんに誇りを持って信頼してあげてください。

お子さんに過干渉になるのは、あなたが自分に自信がない、不安の現れです。

 

お子さんに過干渉になるよりも、まず先に

あなたを不安にしている心の原因と

ゆっくりと向き合ってケアしてあげること。

それが、あなたにとっての今年の夏休みの宿題になるかも知れません。

 

あなたの心の中の不安が消えると

きっと家庭の中も、違う空気感を漂わせるようになっていきますよ。

「何分ぐらい、お子さんの話を聞き続けられるか」

試してみてくださいね。

アダルトチルドレンがニガテな「自己主張」の方法

心理カウンセラーの加納由絵(かのうよしえ)です。

さて。今日は、

相手に「自分のことを伝える・説明する勇気」

アダルトチルドレンがニガテな「自己主張」の方法について。

 

これは、最近 ひんぱんに私のブログに書いているテーマですが

これから本格的な夏休み・お盆休みシーズンに入ると

新規のパートに出るとか、初めて夫の実家へ帰省するなど

 

日常生活とは違う環境に入る方も多いと思いますので

そうした際の、心構えというか、不安にならずにいられる

簡単な方法をお話ししてみたいと思います。

 

アダルトチルドレンの悩みを持っていると、

とにかく「ガマン」が身体に染み付いているので

なかなか自分を出すことができずにツラくなってしまうものです。

 

自分のことを理解されないこと、理解してもらえないことや

周囲の人達の無神経さや、空気の読めなさ加減に疲れ果てて

 

「もういいです。私さえガマンすれば済むことですから。。」と

この生活の繰り返し。

 

疲れはたまるし、肩こりは慢性化、不眠や頭痛も日常茶飯事。

食欲にも波が出て、あれこれ思っては、自己嫌悪。

 

ツラいですよね。

 

でも、残念ながら あなたが グッとガマンすることが、

必ずしも、相手を思いやっていることや、周囲に対しての配慮には

なっていないこともあるのです。

 

 

例えば、山登り。

登山を想像してみてください。

 

あなたは、登山の初心者で、初めての登山に不安でドキドキだったとします。

 

ベテランのリーダーは、登山に慣れているので、どんどん先に進んでしまいます。

 

ここで、あなたは みんなに追いつけないのは、自分の力不足だから、とか

自分の頑張りが足りないから、とか

 

「他のみんなに追いつけないのは自分のせいだから

自分がなんとかしなくてはいけない!」と思い込んで

必死に無理して登山を続けていたとします。

 

これ、いつものあなたの状態です。

ガマンして、無理して、自分のことを責めて、周囲に合わせようと必死。

 

でも、どうでしょう?

あなたがリーダーに、「ペースが早過ぎる」と伝えないことが

逆に全体のバランスを壊していることに気が付きませんか?

 

そして、あなたは「自分勝手で思いやりがない、空気が読めないリーダー」という存在を

あなたが、心の中で 勝手に創りだしてしまっていることに気が付きましたか?

 

リーダーは、意地悪で速いペースで進んでいるのではなく

あなたに、そのペースが早すぎて無理でツラいのだということに

気がつけていないのです。

 

なぜなら、あなたが無理して、早すぎるペースに

付いて行ってしまっているから。

 

盲腸の人が、ツラいのに「大丈夫です」とガマンをして、

お腹が痛いのは自分が弱いからだと思っている状態を想像してみてください。

それと同じです。

自分の状態は、相手に自分から説明するまでは

理解してもらえないし、気付いてもらえないのです。

 

自己主張=ワガママ だと思うから、あなたにはハードルが高くなってしまうのです。

 

ただの説明、自分の状況を伝えるだけだと思えば

それは、ストレスや負担ではありませんね?

 

飲食店で、ランチセットを頼む時に

「あまり食べられないので、量を少なめでお願いします」と

お店の人にオーダーするとき、

 

あなたは、「こんなこと言ったら、お店の人に悪いかな?」とか

「それなら、最初から来なきゃいいのにと思われるかな?」とか

そういう不安や心配って、あまりしないのではないでしょうか?

 

それは、自分のことを説明しているだけだから。

自分の状態を伝えているだけで、誰も困るワケではないから。

 

飲食店の場合なら、別に調理の量を減らしたところで

支払う代金は変わらないのだし、

あなたの希望も通るのだから、みんなハッピーですよね^^?

 

中途半端に無理に我慢をしてオーダーされて食べ残されるより

ちゃんと残さず食べきってもらえた方が、飲食店側としても

大切な食材をムダにせずに済んで、ラッキーなワケですし。

 

では、なぜ こうした「自分のことを伝える・説明する」だけのことに

「勇気」を出さなければできなくなってしまったのか?というと

 

それは、あなたの過去の経験に理由があります。

 

自分のことを伝えること・説明することが難しい生活環境だった、とか

自分の意思を表現することを自分勝手なワガママだと教え込まれた、など

 

あなたが、そういう思考を持つこと、それを実行しようとすることを

拒否したり、抑え付けたり、攻撃したりする人が

過去のあなたの経験の中にいて

そのときの経験が、今でも あなたが自由に行動しようとすることに

ブレーキをかけてしまっているからですね。

 

 

でも、冷静に考えてみてください。

あなたは、もう大人で、自分にとっての正統な事柄を

ただ相手に伝えようとしているだけです。

 

それは、自己主張ではなく、ワガママでもなく

「あなたの今の状態の説明」

ただ、それだけのことなのです。

 

それについて、誰も あなたを責めないし、ツラく当たることもありません。

 

あなたは昔の不安に支配されて、身動きができなくなっているだけなのです。

 

 

大丈夫。 一度、試してみてください。

 

 

「自分について説明すること」  「相手の人に、自分について伝えること」

 

 

これは、人間関係で、とても大切なことです。

 

勇気を出して、やってみると、意外とアッサリできてしまうものです。

 

「でも、やっぱり一人で それをするのは不安です」というときは

どうぞ、ご相談ください。

 

一緒に、練習してみましょう。

 

 

大丈夫。

あなたなら、必ず できるようになりますよ。

 

焦らないことが、成功の秘訣です^^

 

インターネット診断で調べてもアダルトチルドレンが治らない、たった1つの理由

最近は、本当に便利な世の中になってきて
ちょっと調べると、いくらでも無料の性格診断や占いで
自分のことを知ることができるようになりましたね。

あなたも、なんとなくモヤモヤする気持ちを調べていて
インターネットで検索をしていたら
性格診断や、占いのページを見つけて

そこで、
「あ、私ってアダルトチルドレンかも?」と気付かれた方もあるかもしれませんね。

これらの情報には、ある共通点があります。
占いにも、似たような共通点があります。

それは、何だと思いますか?

その共通点というのは、
「あなたに答えを教えてくれる」ということです。

たとえば、占いサイトの場合は
「◯◯年◯◯月◯◯日生まれの☓☓さんは、生まれながらにして自己犠牲をいとわない
とても心優しい人です。でも、その優しさがアダとなり、必要以上に自分を殺し過ぎて
辛い思いをしてはいませんか?もっと、自分に自由になって良いのです。
もっと、あなたらしく「自分欲」「エゴ」に忠実になりましょう」
。。。こんな診断結果、占い結果が出てきたりしませんでしたか?

まあ、ここでは 出てきた答えの内容は、どうでも良いことなのですが
何が問題なのかというと、
「あなたは答えを受け取っているだけで、自分の心で考えていない」
と いうことなのです。

人間、ああしなさい、こうしなさい、と言われて
マニュアル通りにするのは意外と簡単です。

ゲームの攻略本と同じようなもので、やれば それなりにできます。

まして、アダルトチルドレンのあなたは、
言われたことを忠実に守って実行することは
悲しい得意分野ですから、難なくこなせるでしょう。

でも、自分で考えて出した答えではないので
そこには、必ず行き詰まりが生じます。

あなたが自分で、そうしたい!と思って、自分の心が決めたことではないから。

空から降ってきた、誰かの言葉を
ただ、鵜呑みにしているだけだから。

インターネットで、いくら調べてもアダルトチルドレンが治らない、たった1つの理由。

それは、「自分の心で考えて、答えを見つけていないから。」

ただ、それだけのことなのです。

ですから、いくら「毒母への対処法」とか、
「アダルトチルドレンからの脱出方法」などを検索して調べてみても、

そこに書かれていることは、
確かにあなたの境遇に似ているかもしれませんが
赤の他人の経験談であり、見ず知らずの人が言っていることなのです。

あなたを知っている人、あなたの苦しみを知っている人が書いたワケではありません。

その答えを、いくら信じてガンバってみても
それは、あなたのことではないのですから、答えは違いますよね?

では、どうしたら答えを見つけられるの?というと
「答えは、あなたの中にあるのですよ」
という、ただそれだけの話になります。

そして、それは自分の心の中で、悩みをグルグルとかき混ぜているのではなく
誰かに話して、聴いてもらいながら
自分の心を確認しながら、どこに答えがあるのかを見つけていくことです。

それが、プロが行う「カウンセリング」です。

どうしても、自分だけの力では無理、辛い、というときは
専門家に頼るのが、安心です。

つらいとき、誰かに助けを求めたり、頼ったりすることは
勇気が必要ですが、結果としては一番の近道になります。

覚えておいてくださいね(^_^)

人は、されたことしか出来ない。人は、されたことを繰り返す | アダルトチルドレン 過去の習慣

心理カウンセラーの加納由絵(かのうよしえ)です。

人は、されたことしか出来ない。人は、されたことを繰り返す について。

先日、TVのニュース番組で「虐待を受けて育った母親」についての特集がありました。

そのお母さんは、子供のお誕生日にケーキを買って来ました。
子供が、そのケーキを食べたいというので切り分けてあげたそうです。
夜、仕事から帰宅した夫は、
一人でケーキを食べている子供を見てビックリしたそうです。

このお母さんは、誕生日を祝ってもらった経験がなかったため、
デコレーションケーキの上に、ロウソクを立てて
願いごとをしながら子供がロウソクの火を吹き消したり
家族みなで、ケーキやごちそうを囲んだり、お誕生日のプレゼントをするなど
子供のお誕生日をお祝いするという生活習慣を知らなかったのです。

0459ef6fe3d907090f2618b91ed1220d_m

この母親は、子供の頃
ただ、ケーキを買い与えられていただけなのかもしれません。

お誕生日には、大好きなケーキを食べられる、ということ以外
両親の愛情を感じながら、家族みんなに祝われる誕生日という
幸せを感じる経験は なかったのでしょう。

このお母さんの例のように、

「人は、されたことしか出来ない、人は、されたことを繰り返す」 生き物なのです。

自分が育てられた環境以外の世界を知りませんから
自分が育てられたのと同じように、子育てをします。

TVドラマなどで、違う家庭の生活の様子を見ると、
「あれは、ドラマの世界だから」と感じたり、
「あんな家庭は、おかしい」と違和感を感じたりします。

虐待を受けて育っていたワケではなくても
親の価値観に縛り付けられて育ってきた人は
その親の価値観とあわない事柄に出会うと
居心地の悪さや違和感、不安を感じるようになります。

「どうしたら良いのかわからない」

そう感じるのは、あなたが 自分の意思ではなく
親の価値観に添って生きてきたから。
そうしなければ生きて来られなかったからです。

お誕生日のケーキは、あなたが食べたい方法で食べて良いのですよ。

だって、誰でもない あなたのお誕生日なのですから。

9a3ca23c3a7f2401cca61e3e2d0e4cb1_m

自由に、生きて良いのです。

 

今月の、アダルトチルドレン半額カウンセリング情報は、こちら。